当店のこだわり

埼玉県補聴器センター 代表 小林孝行


はじめにご挨拶させていただいたように、代表の小林は、補聴器メーカーの営業部、製造部 に勤務していました。 

そこでの職歴をもう少しご紹介いたします。 

 

 


 

【営業部時代】 

 ○補聴器販売店への営業活動(もともとは、当店の担当営業でした)

 ○チラシ、ダイレクトメールなど販促物の作成

 ○補聴器相談会などの販売応援

 ○補聴器講習会などの講師 

 

【製造部時代】

 ○オーダーメイド補聴器の製造

 ○各種補聴器の修理

 ○販売店、お客様からのお問い合わせ、クレーム対応

 ○社内研修会の講師

 ○品質管理部門の責任者

 

勤務していたのは、わずか12年ほどですが、当時は今ほど社員が多くなかったので、補聴器に関する仕事はほぼすべて経験することができました。

そのため補聴器についてはさまざまな「こだわり」をもつようになりました。

 

すべての「こだわり」はお客様のために

「こだわり」

妥協しないでとことん追求するという意味で用いましたが、一歩まちがうと「ちょっとしたことを必要以上に気にする」など、あまりいい意味ではありませんね。

たしかに、私は細かい作業が好きなので工作をすれば細部まで、料理をすれば凝ったものを作ったりします。オーディオ趣味に没頭していたときは、機材の入れ替えや調整だけでなく、壁のコンセントまで付け替えていました。

 

しかしながら、補聴器に関しては「少しでもよく聞こえるように」「少しでも故障リスクが減るように」「少しでも使いやすいように」・・・と、お客様のために、この「少し」にこだわっていきたいと思います。

そう思うのは、やはりお客様によろこんでいただきたいからです。

それが、私のやりがいであり、よろこびでもあるからです。

                          ⇒補聴器への想い                                               

 

    すべての「こだわり」はお客様のために