聞こえについて

難聴とは?

難聴とは、聴覚になんらかの問題があり、音が聞きにくくなることをいいます。

その原因からいくつかの種類に分けられ、程度により軽度から重度までに分類されています。

耳のしくみと難聴の種類

耳の解剖図
                 

① 伝音難聴

音を伝える部分(外耳や中耳)に原因があります。

中耳炎や鼓膜の損傷、耳あかつまりなどが主な原因です。

医学的に治療が可能とされています。  

 

② 感音難聴

音を感じる部分(内耳や聴神経)に原因があります。

加齢や病気、長期間の騒音の影響などが主な原因です。

医学的に治療が難しいとされています。  

 

③ 混合性難聴

伝音難聴と感音難聴の両方の症状を合わせもっています。

どちらの部分の原因がより大きいかによって、症状はさまざまです。

難聴の程度と年代別の聞こえ

個人差はありますが、年を重ねることによる聴力低下は、ごく自然なことです。

多くの場合、高い音から少しづつ聞こえにくくなり、70歳代では会話の聞き取りまでも困難になることがあります。

難聴の程度と年代別の聞こえ