補聴器の種類

現在、販売されている補聴器は大きくわけて3つのタイプがあります。

その特徴とおおよその価格をご紹介いたします。

【ポケット型】

 53,000円~75,000円(片耳)

 

ポケット型補聴器

胸のポケットに入れたり、ストラップ(紐)を付けて、首から下げて使う補聴器です。

 

【長  所】

○ボリュームやスイッチが大きく、手元で操作できるので使い方が簡単です。

○本体を手にもち、聞きたい音の方向に向けて使います(例えば、病院でお医者様のお話しを聞くのに便利です)。

○補聴器としてはお求め安く、電池寿命も長いです。

 

【短  所】

○見た目を気にされる方には不向きです。

○イヤホンコードが引っかかるなど、邪魔になります。

○服と擦れて、衣擦れ音が入ります。

【耳かけ型】

 80,000円~550,000円(片耳)

 

耳かけ型補聴器

耳の後ろにかけて使う補聴器です。

 

【長  所】

○聴力に合わせて適合する範囲が広いです。

○標準で装備されている機能が多く、さまざまな調整に対応できます。

○サイズや色が豊富で、付けているのを気づかれないほど小さなものもあります。

 

耳かけ型 装用イメージ

【短  所】

○汗や湿気などによる故障が比較的多いです。

○上手く耳に付けられるまで、練習に時間がかかる場合があります。

○メガネやマスクの邪魔になります。

 

【耳あな型】

 120,000円~500,000円(片耳)

 

もっとも小さい 耳あな型補聴器

耳の形に合わせて作る、オーダーメイド補聴器です。

耳のあなに入れて使います。

 

【長  所】

○小さくて目立ちにくいです。

耳の奥まで入り、ほとんど見えないものもあります。

○健聴者と同じく、耳あな付近で音を拾います。

また、耳たぶによる集音効果もあります。

○鼓膜近くで音を聞くため、聞こえ方が自然です。

 

耳あな型補聴器

【短  所】

○聴力や耳あかの質(やわらかい、水っぽい)によっては

使えない場合があります。

○小さいため、手先が不自由な場合は取り扱いに練習が必要です。

○小さいため、紛失には注意が必要です。

 

【イヤモールド】

 9,000円(片耳)

 

耳かけ型やポケット型用のオーダーメイド耳栓です。

耳あな型補聴器と同じように、耳の形に合わせて作ります。